人身事故を起こしたら

車社会となり、一人一台自家用車を持つことが多くなりました。
車を運転する中で最も恐れるのは、人身事故です。
人をひいてしまったりけがをさせてしまったりした時には、様々な責任をとらなければなりません。
人身事故は、いつ何時遭遇するかわかりません。
自分が加害者側になることもありますし、被害者側になることもあります。
もしも人身事故を起こしてしまったら、どのような対処をすればよいのでしょうか。

人身事故を起こした時に、最もやってはいけないことは、何もせずにその場から立ち去ることです。
これはいわゆるひき逃げになります。
ひき逃げをするということは、救護義務違反や危険防止措置違反などの罪にあたります。
被害者が死亡した場合には殺人罪が適応されることもあるため、さらに重い罪になります。

よって人身事故を起こしてしまった時には、まずは被害者の人命を確保することが重要です。
警察を呼び、必要であれば119番通報し救急車を要請することも必要です。
警察や救急車が来るまでの間は、常に被害者の様子を確認し、意識がない場合には呼びかけを行います。
安全な場所に動かすことも必要ですが、その際、頭を動かすと頭を負傷していた場合に危険な状態に陥るため、注意が必要です。
警察が到着した後は、基本的に警察の指示に従いましょう。
しかし、人身事故の場合はその場で済むというわけでなありません。
その後事故の規模に応じて責任を取る必要が出てくるのです。



~注目サイト~
慰謝料や示談など、交通事故に関する相談を弁護士にできます → → 交通事故

Copyright © 2014 他人事じゃない人身事故 All Rights Reserved.